皇居の桜・2019年一般公開はいつ?アクセスや混雑状況は?

春になるとニュースなどで「桜の通り抜け」って聞きませんか?
桜のある通りを抜けて行くってイメージするだけでも、なんかきれいそうですよね!

これ、皇居の坂下門から乾門までの道を、桜を見ながら通り抜けられるイベントです。

そうなんです!

お気づきかと思いますが、ただ桜を見られるだけではなくて、皇居の中に入れるってことなんです!

では、基本情報や注意点など、詳しくご紹介していきます!

スポンサードリンク

皇居乾通り桜の通り抜け基本情報

🌸実施期間:3月30日(土)~4月7日(日)

🌸時間:入門は9時から15時30分まで

最新情報は、宮内庁のホームページ内の皇居乾通り一般公開で確認するようにしてください。

🌸場所・アクセス

出典:宮内庁 http://www.kunaicho.go.jp/event/pdf/inui-map1.pdf

詳しいアクセス情報はこちら→宮内庁皇居乾通一般公開案内図

入り口は坂下門だけなので、大手町駅か桜田門駅を利用すると便利です。
坂下門から乾門までは歩いて約30分ですが、混雑状況によってはもう少し時間がかかります。

🌸桜の種類

ソメイヨシノやサトザクラ、シダレザクラなど

🌸混雑状況

約38万人から50万人!

🌸注意点

・とにかく混みます!入門までに30分以上は並ぶのを覚悟で行きましょう。
・2017年は実施されていないだけに、2018年は更なる混雑が予想されます。
・簡易トイレが設置されますが、入門前に済ませておくことをおすすめします。

おわりに

大変混雑する皇居乾通の桜の通り抜けですが、一生に一度は行ってみたいですね。

ちなみに、秋にも通り抜けは実施されます。
人出は20万人から35万人とのことで、春よりはちょっぴり少ないようです。

ただ、樹木の入れ替えのため実施されない年もありますので、必ず宮内庁のホームページ内の皇居乾通り一般公開についてで確認してくださいね!

皆様、素敵な春をお過ごしください!

スポンサードリンク