今日も素晴らしい一日。

何歳になっても成長と挑戦と好奇心を大切に。 旅を仕事にして、海外旅行&ボランティア&トライアスロンを楽しんでいます。 人生を自由に豊かにする情報を発信しています。

お役立ち情報

ランドセルを寄付してみた!無料で寄付できるところは?

更新日:

使い終わったランドセル、みなさんはどうしていますか?

ランドセルって、6年間使っても結構きれいじゃありませんか?
我が家には娘が二人いるんですが、とってもきれいです。

長女が小学校を卒業したとき、捨てるにはもったいないし、取っておくのも邪魔だし…と悩みました。
ランドセルはほとんどの人が入学時に新品を用意するので、洋服みたい誰かにあげるってわけにもいかないんですよね。

それで、いろいろ調べていたら、寄付できることがわかりました。
寄付できるところはいくつかあるんですが、私はジョイセフに寄付しました。

では、
ジョイセフへの寄付の費用や方法、実際に寄付してみてどうたったかをご紹介します。
それから、その他の寄付先についてもご紹介します。

スポンサードリンク

国際協力NGO ジョイセフ

「思い出のランドセルギフト」という取り組みです。

アフガニスタンの、特に教育の機会に恵まれない女の子を支援しています。
ランドセルを送った後には、梱包作業を一緒にしませんかというお誘いや、報告会+お茶会の開催などもあり、ただ宅配便で送るというだけではなく、アフガニスタンの子どもたちに届けるんだ、そして本当に届いているんだという実感が得られます。

<受付期間>
2018年3月10日(土)~5月31日(木)

<方法>
①寄付したいランドセルを準備します。
×宗教上の問題があるので、豚革のものは送れません。
×破損のひどいものは送れません。

②海外輸送経費1800円を振り込みます。
日本からアフガニスタンに送るには費用がかかるので、それを寄付する側が負担します。

③ランドセルを指定の場所に送ります。
指定倉庫(神奈川)に送ってください。この時の送料も寄付する側が負担します。

<費用>
海外輸送費1800円+送料
どこから送るかによりますが、私の場合は東京→神奈川で、1000円程度でした。

詳しくはこちらで確認してください→ジョイセフ

<寄付した感想>
ただ送るだけだと思っていたら、ジョイセフから「一緒に梱包作業をしませんか?」というボランティアの案内がありました。我が家は都合が合わず行けませんでしたが、たくさんの親子が集まったそうです。報告会の案内もあったので、娘たちと参加してみました。

アフガニスタンの様子と共に、ランドセルをもらっている子どもたちの様子を写真とともに見せてくださいました
アフガニスタンからスタッフの方も来ておられて、直接お話も聞けました。

報告会の後、お茶会もあって、アフガニスタンのお菓子や紅茶もいただき、さらにアフガニスタンの少女たちの手作りだというビーズのネックレスもお土産にいいただきました。

アフガニスタンのことを知ることができましたし、娘も自分のランドセルが役に立ったんだと実感できたようで、次女も「卒業したらお姉ちゃんとみたいに寄付する!と言っています。

株式会社 クラレ

「ランドセルは海を越えて」というキャンペーンです。

1.で紹介したジョイセフを通じてアフガニスタンの女の子にランドセルを届けています。
クラレを通して寄付する場合、日本からアフガニスタンに送る費用はクラレが負担してくれます。

<受付期間>
応募期間と発送期間が分かれています。

応募期間:2018年1月8日(月・祝)~ 予定の個数が集まるまで
※ジョイセフよりも期間が短いので注意してください。
※申し込みはこちらから→クラレ応募の流れ

発送期間:2018年3月15日(木)12:00~2018年4月2日(月)18:00 まで
※応募すると受付確認メールが送られてきます。
 そして、3月中旬に発送方法のお知らせが届きますので、それに沿って送ってください。
 送り方は、ジョイセフの場合とほぼ同じです。

<費用>
送料のみ
※キャンペーンの初日には東京でスタートイベントが行われます。
そこに直接持っていけば送料も無料ということになります。
2018年は1月8日(月・祝)にスタートイベントは終了しました。

詳しくはこちらで確認してください→クラレ

スポンサードリンク

国際社会支援推進会 ワールドギフト

日本で不用になったものを海外、国内の必要としている団体や施設に届ける活動をしています。

ランドセルだけでなく古着やおもちゃ、靴などもいっしょに寄付できます。
年中受け付けてくれますし、集荷に来てくれるので、手間がかかりません。

<受付期間>
365日24時間

<方法>
①寄付したいランドセルを準備します。
×明らかに再利用・リサイクル出来ないほど傷んでいるものは送れません。

②申し込みフォームに必要事項を記入します。↓
http://world--gift.com/world--gift/index3.html

③郵便局や佐川急便が集荷に来ます。

<費用>
郵便局か佐川急便か、ランドセル以外に何を送るのかによって費用が違いますが、3000円前後かかります。

詳しくはこちらで確認してください→ワールドギフト

<寄付した感想>
子どもの古着や運動靴、おもちゃを寄付したことがあります。
成長期の子どもは半年に1回ぐらい靴を買い替えると思いますが、まだまだ履ける靴を捨てるのはもったいないと思っていました。
ワールドギフトに5足ぐらい送りましたが、問題なく引き取ってくれました
箱の大きさによって費用が違うのですが、古着やおもちゃも入れて箱いっぱいにして送ることができたので助かりました。

終わりに

ランドセルを寄付できるところと、実際に寄付した感想をご紹介しました。
ただ捨ててしまうのは本当にもったいないランドセル
ぜひ国際貢献に役立ててくださいね!

ブログランキングに参加しています。

「今日も素晴らしい一日」は今何位?
↓クリックすると確認できます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!

-お役立ち情報

Copyright© 今日も素晴らしい一日。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.