本当にやりたいことを見つける:Want Can Mustシート

自分を見つめる方法

こんにちは!なおみんです。

このページにお越しいただいたということは、

・やりたいことがわからない…。
・どんな人生を送りたいのかわからない…。
・なんか毎日が悶々としている…。

といった悩みをお持ちなのかもしれません。

 

私もそうでした!
だから、今のそのもやもやした気持ち、よ~くわかります!

 

その時の私がどんな様子だったか興味がおありであれば、
「プロフィール」をお読みください。

 

このもやもやから抜け出して、
やりたいことや好きなことに一直線に向かって行けるようになったらどんなにスッキリするだろう。

そう思いながら数年間あがいてきました。

 

その数年間は本当にしんどかったんですが、
私はそこを抜け出すことができました!

今は、やりたいこと、好きなことだけをして、楽しく幸せに過ごしています。

スポンサードリンク

もやもやから抜け出すには

じゃあ、私はどうやってそのもやもやから抜け出せたのか。

 

あれこれ本も読みました。
セミナーにも行きました。
思い描く未来を1200個書けと言われれば書いたし、毎朝思いをノートにぶちまけろと言われたらやりました。

 

落ち込んだり、泣いたり、悩んだりしながらも、
ただひたすら片っ端から自分と向き合うことをしていきました。

 

すると、だんだんキーワードが出てきたんです。

どのワークをやっても、どのエクササイズをやっても、
同じキーワードが出てくる。

そして、そのキーワードを見ると、
ドキドキしたり、ワクワクする。

 

そういったキーワードを書き残していくことで、
自分が本当にやりたいことや本当に好きなことが、あぶり出しのように出てきました。

 

私の場合のキーワードは、「海外」「ボランティア」でした。

 

このたった2つのキーワードが出るまで、なんと数年かかりました(^^;)

 

で、今はこう思っています。

世の中には「簡単」「これさえやれば」みたいな方法もあります(やったこともあります)。

 

でも、
大切なのは、いろんな紆余曲折や試行錯誤を積み重ねることなんじゃないかなあと。

苦しくて大変ですが、その時間のお陰で少しずつ自分が見えてくるようになるんじゃないかなあと。

 

ということで、私の結論。

「自分が本当にやりたいことを見つける方法」は、「ない!」

 

「え~!!期待してたのに~!」
という声が聞こえてきますね。すみません 。

 

「これだけで!」という方法はありませんが、効果的な方法はあります。

スポンサードリンク

効果的な方法 Want Can Mustシート

紆余曲折と試行錯誤を繰り返してきた私が、一番効果があったと思う方法をお教えします!

それは、「WANT CAN MUSTシート」です。

使い方

1.①~⑦の枠を埋めていきます。
今そうであること、かつてそうだったことを書いていきます。
「日数/年」の欄には、それを年間何日ぐらいやっているかをざっくり書きます。
たくさんやっているなあと思えば300日、ほとんどやっていないなあと思えば10日のように、自分の中で大体の基準を作ってください。あまり悩みすぎず、思い浮かぶままにやってください。

それぞれの枠は、以下のように考えます。

好きなこと×好きなこと 時間があればついやっていることや、やりたくなること。
一度それを始めたら時間が経つのも忘れてしまうこと。
人のためではなく自分のためにやっていること。
上手い下手は関係ない。
好きなこと×できること 好きだからやっているし、比較的うまくできること。
人から褒められたことがあること。
好きなこと×しなければならないこと 嫌いではないが、しなくてもいいと言われればしないこと。
苦痛ではないけれども、義務感でやっていること。
できること×できること 得意だけれども、好き嫌いの感情は特にないこと。
やれと言われれば、特に苦痛も感じずできるが、しなくてもいいと言われればしないこと。
できること×しなければならないこと 得意 (人から褒められたことがある)けれども、どちらかと言うと仕方なくやっていること。
しなくてもいいと言われればほっとすること。
しなければならないこと
×しなければならないこと
嫌々やっていること。
しなくてもいいと言われれば、大喜びすること。
上手い下手は関係ない。
やってみたいこと ①~⑥を埋める過程で、どこにも当てはまらないけれどいつかやってみたいなあと思っていることが浮かんでくれば、ここに書いておく。

2.できあがった表を眺めてみます。
①にどのくらい日数を使えていますか。
⑥にどのくらい日数がとられていますか。
①②の日数と⑤⑥の日数を比べてみると、①②の日数のほうが多いのが理想ですが、そうなっていますか。
自分の一年がどんなことで埋められているかを、改めてじっくり考えてみましょう。

3.日数の割合を変えられないか考えてみます。
自分の人生の一年間は、できるだけ①②に使う時間が多く、⑤⑥に取られる時間が少ないほうがいいはずです。
では、⑤⑥の時間をどうやって減らせるかを考えてみましょう。
時間を短縮できないか、家族に手伝ってもらえないか、アウトソーシングできないかなどなどです。
そこで浮かせた時間を①②、そして⑦に使うことを考えましょう。

4.行動に移しましょう。
あなたがやりたいことは①②、そして⑦に出てきています。
でも、「本当にやりたいこと」はそう簡単にはでてきません。
大切なのは①②、そして⑦に費やす時間を実際に増やすことです。
そうすることで「本当にやりたいこと」が見えてきたリ、引き寄せられたりしてきます。
ほんの少しでもいいので、①②⑦に使う時間ができたら、実際の行動に移してみてください。

★ポイント★
このワークを誰かに見せて話してみてください。
今はこんな状況、これからはこうしたい、こういう風に変えようと思っているなど。
口に出すことでより自分の気持ちが整理されていきますし、行動が変わっていきます。

さいごに

結構大変そうですか?

この表を作るのは面倒くさい。時間を作るなんて無理。
と思って何もしなければ、「本当にやりたいこと」は見えてきませんし、
「本当にやりたいこと」ができる楽しい人生にはなりません。

ず~っともやもやの闇の中です。

 

もやもやから抜け出してすっきりしたい!
人生を楽しいものにしたい!と思うなら、ぜひ取り組んでみてください!

よろしければ結果を教えてください。
お互いのワクワクを共有しましょう!